ファイブ学習塾

仙台市宮城野区にあるファイブ学習塾。小学生から中学生まで随時受付中。

夏期講習はこちらFIVE学習塾ってこういう塾
2014/08/27
定期テストは高校受験のプロローグ

9
月になると、仙台市内の各学校では前期最後の定期テストがありますね。

このテストは前期の通信簿の成績を左右する重要なものであることはご存知でしょう。


その通信簿の成績は高校受験の時、合否の判定に使われることはご存知でしたか?

しかも、宮城県の入試では1年生から3年生までの成績がもれなく判定材料に使われます。


このことは何を意味するか。

最近の入試制度の変化によって各公立高校の、通信簿の成績と入試本番の点数のどちらをより重視して合否判定をしていくか、ということが発表されました。

例えば県内トップクラスの仙台一高であれば、通信簿3:入試点数7の割合になっていて、より本番の結果重視ということがわかります。

中堅校の仙台三桜は46と、本番重視ではあるけど、通信簿の評価も大切ですよ。ということがわかります。

また、毎年受験者が多い宮城県工業は55と設定されていて、受験者の中でも本番の点数も通信簿の成績も両方を兼ね備えた人が合格に近づくということになります。

つまり、受験本番で点数を取るだけでは足りず、1年生から3年生までの通信簿の成績も伴わなければ合格が難しくなるということにつながるのです!



後悔、涙、怒り

過去にこんな生徒がいました。

彼は中学3年間野球部に所属し、毎日学校が終わると熱心に部活をして、家に帰るともうヘトヘト
それでも、せめて学校の宿題は!という思いで疲れた体に鞭打って宿題だけはなんとかこなす日々。

毎回の定期テストは250点から300点を行ったり来たり。12年生の通信簿の成績は3が多いものの2がちらほら。
4の存在はなく、5は夢のまた夢。

熱心に部活動に取り組むあまり勉強がイマイチになってしまう典型のような成績でした。


部活の引退も近づく中3春にFiveの門をたたき、塾に通い始めました。

それから彼の快進撃が始まります。
定期テストでは自身初の
5教科400点越えを皮切りに、自信を身に着けてその後も400点を切ることはありませんでした。

通信簿の成績も期待通り、いや、それ以上の結果で、2はなく4が半分以上を占め、得意科目になった英語では念願の5を取ることができ、本人もお母さんも大満足の成績に!

毎月実施している模擬試験でも、志望校の判定は毎回A判定(合格圏)!これはもうイケイケです。時を追うごとにメキメキ力をつけていき、入試を迎えました。

感想を聞いてみると、普段通り解け、まずまずだったとのこと。これはもう合格はもらったな!と誰もが思って合格発表を見に行くと


あれ?


(
ごしごし目をこすりながら)ん?


受験番号


無い?


楽勝ムードから一転、地獄の底に突き落とされた思いでした。


受験は一種の勝負事でもあるので、100%何があっても合格すると言い切ることは難しいのですが、それにしてもこれはあまりにショックが大きい


でも実はこの生徒の受験には一つだけ心配材料がありました。
1
年生と2年生の時の通信簿の成績が悪かったことです。


発表の後、わざわざ合否の報告をしに来てくれた彼の、涙と悔しさをにじませながら言ってくれた言葉が忘れられません。

「先生、不合格でした。

自信あったんだけどなぁ。
3年なる前からちゃんとやっとけばよかった」


入試本番の点数だけ見れば、おそらく受験者の中でも上位の成績だとは考えられました。
中学
1年から2年までの過去の成績にとらわれて、それだけの点数をたった1回のテストで取れる逸材を不合格にする高校側の判定には怒りを隠せませんでした。

しかし、出てしまった結果はどうしようもありません。


“3
年なる前からちゃんとやっとけばよかった
この言葉が重くのしかかります。


未来の学力と成績はの自分が作る

あなたは、あなたのお子さんは前回6月のテストは何点でしたか?中学2年生であれば、通信簿の成績はどうでしたか?
少しでも不満を持っているならば、以下のことを実践することをおススメします。

学校の授業は聞き漏らさない(集中して授業を受ける)

テスト1週間前には学校のワーク類をすべて終わらせる

③②
で終わらせたワークの間違った問題をできるまで何度も解く

あらゆる提出物は期限内に提出


この4つを日常的にできるようになると、もう怖いものはありません!

特に
は最重要。

多くの人がこれをサボったがために、どうしても点数が取れなくなり勉強が嫌になっていきます。


わからないもの、間違いを無くす。これが定期テストに向けた準備の鉄則です!



今日の成果は過去の自分の努力の結果であり、未来はこれからの努力で決まる” 
日本の実業家、稲盛和夫さんの言葉です。


彼はいわゆる社会的な成功者と言われる存在です。
そんな人の言葉の中でも勉強で大成するための教訓があります。


過去の点数、成績はそれ以前の努力の結果なのです。
そして、これから先の点数、成績は今からの努力でどうとでもなります。



今から始めましょう。近い将来にちゃんとやっておけばよかったと言わないためにも、今始めましょう。



わかっていても、ついやってしまう

一人で行動に移せる、勉強ができる人はそう多くはないと思います。

「よし!テスト勉強しよう!」と机に向うも、しばらくすると携帯をいじったり、マンガに夢中になっていたりすることはありませんか?

多くのお母さん方から、助けを求める声が聞こえます。

「うちの子はやればできるんだろうけど、勉強するって言っても次の瞬間にはゲームにマンガにケータイ、パソコン
いつになったら勉強してくれるの!」


残念なことに、それを思うだけ、言うだけでは何も変わりません。



変わりましょう!次のテスト前から!



私たちにテスト勉強のお手伝いをさせてください

この長いお知らせをお読みになったあなた、あなたのお子さんには過去を悔やんでもらいたくありません。

そのためにぜひ、8月31日から始まる“テスト対策講座”を通して勉強のお手伝いをさせてください。


詳しくは781-8987までお電話ください。

27日から30日まで期間を限定して受け付けをしています。
2014/04/01

コース・料金のページに関しまして、消費税改定に伴い、工事中となります。

ご迷惑おかけ致しますが、宜しくお願い致します。

2014/04/01
4月2日から7日まで新年度の授業、教室の準備のため休講とさせていただきます。

新年度の授業、入会受付は4月8日からスタートです! 
2014/03/06

中学生は3/17から、小学生は3/24から春期講習を実施します。

 

日程、費用など、詳細はこちらからPDFのファイルでご覧になれます。